旅館かホテルか

プランにあった所を選ぶ

海

与論島で宿泊先を選ぶ際、民宿にするのか、それともリゾートホテルにするのかは滞在日数や予算、目的などによって違って来ます。民宿のメリットは、何と言っても安く泊まる事が出来る所です。その為、滞在期間が長期になる場合はおすすめです。民宿では与論島の郷土料理や海の幸を楽しむ事が出来たり、女将さんが気さくに話しかけてくれる所が多いので、アットホームな雰囲気を楽しむ事が出来ます。民宿は見た目は古い所が多いですが、リゾートを楽しむよりも、与論島内の人と接したり、文化や生活を体験したいという方には是非おすすめです。リゾート気分を楽しみたい方は、ホテルがおすすめです。プライベートビーチやマリンスポーツ、リラクゼーションなども充実しており、のんびりと過ごす事が出来ます。お土産などの買い物を楽しみたいという方は、茶花市街地というお店がたくさんある与論島の中心街から近い所や、送迎サービスなどがある宿泊施設を選ぶとよいでしょう。島内観光を楽しみたいという方は、車で島内を回ってくれるサービスのある宿泊先もあるのでおすすめです。百合ヶ浜を観光したい方は、百合ヶ浜行きの拠点になる大兼久海岸まで徒歩で行ける所や、送迎サービスのある宿泊先を選びます。この百合ヶ浜は、大潮の干潮時にしか現れない白い砂浜です。星の形をした砂を拾うことができ、それを年の数の分、集めると幸せになれるというロマンチックなジンクスもあります。そのため、カップルでの観光にもおすすめです。また、部屋から百合ヶ浜が見える宿泊先もあるので、百合ヶ浜には行かないが、どんなものか見てみたいという方におすすめです。宿泊方法にも人それぞれ、好みにあったプランがあるので、納得のいく宿泊先を選びましょう。

良いタイミングで

旅行かばん

百合ヶ浜への観光目的は、何といってもサンドバーを見る事だと思います。しかしこの現象はいつも見られるわけではありません。春から夏にかけて、大潮の干潮時のみ見る事が出来ます。なぜこの季節に限られているかというと、春から夏以外は干潮の時間が夜にくる為、百合ヶ浜を見る事が出来ないのです。また百合ヶ浜は、日によって見る事の出来る時間や大きさなどと違って来ますので、事前の下調べが重要です。宿泊している場合は、やはり地元の方に聞くと詳しい情報を聞く事が出来るでしょう。条件が揃っていても、波や風の状況によっては見られない可能性もあるので注意しましょう。百合ヶ浜を写真に残したい方は、干潮時間が遅めの日を選ぶと良いでしょう。早い時間であると、太陽の光が海面に反射し、綺麗な写真を撮る事が出来ません。その他、百合ヶ浜にいく際に持っていくと便利なものがあります。綺麗な海を楽しむためには、水着とビーチサンダルを持って行きましょう。私服のままでは、水濡れを気にして楽しむ事が出来ません。後は、太陽の光が海面に照り返されるので、日焼け止めクリームやサングラス、帽子、ラッシュガードなどの紫外線対策も必要です。あとよくあるのが、カメラや携帯電話を水没させてしまう事です。浅い海なので、陸地と同じ感覚で扱ってしまう事が多く、油断して落とすという事があります。撮影時は出来るだけ、防水タイプのもの使用しましょう。百合ヶ浜を楽しむために、事前準備や注意点に十分配慮しましょう。

日程に注意しましょう

男の人

鹿児島県最南端の島が与論島です。与論島は沖縄本島からほど近い場所に浮かぶ島で、その圧倒的な美しさから世界的にも有名なダイビングスポットとして知られています。島内は豊かな自然環境に恵まれており南国特有の植物を観察できるなど様々な体験ができますが、とくに「幻の浜」とよばれる百合ヶ浜は見る者を圧倒します。百合ヶ浜が「幻の浜」と呼ばれる理由は、大潮など自然条件が整ったときだけにしか洋上に姿を現さないからです。日によって現れる場所や時間なども異なるため「幻の浜」と呼ばれているのです。この百合ヶ浜は驚くほど透明度が高く美しいのが特徴です。与論島の港から15分ほど離れた沖合に現れるので、浜の淀みなどの影響を受けず海底まで透けて見えるエメラルドグリーンに輝く水質を保っています。百合ヶ浜ではダイビングやシュノーケリングを楽しむことができるほか、浜一面に広がる星の砂などを集めて楽しむこともできます。本土から百合ヶ浜に向かうには鹿児島や沖縄を経由する必要があります。たとえば東京や大阪からであれば飛行機や鉄道などを利用して鹿児島や沖縄に向かい、そこから与論島行きのフェリーに乗り換えることが必要です。百合ヶ浜にバケーションに出かける際は日程に余裕を持ちましょう。百合ヶ浜が現れる条件は限られているのであらかじめ日程を調整しておかないと、現地に出かけてもうまく見れない場合もあります。また飛行機や船での移動も重なるので、天候が荒れやすい台風シーズンはとくに日程に余裕を持つようにしましょう。

与論島を楽しむツアー

海

鹿児島県の最南端にある与論島には百合ヶ浜という幻のビーチがあります。春から秋口の時期に与論島東部の海岸の沖合に干潮時に現れるのですが、その景観はとても素晴らしくメディアでも何度も取り上げられる程の秘境となっています。

もっと読む

絶景を見に行こう

レディ

百合ヶ浜は与論島から1.5キロほど離れた場所にある神秘の浜です。この浜はいつでも見れるものではない点で非常に人気を得ています。星の砂が取れる場所でもあり、また青い海と白い砂とのコントラストも様々な人を引きつけてやみません。

もっと読む

地球の楽園を見に行こう

パラソルと海

誰もが一度は行ってみたいとされる百合ヶ浜は、美しい砂浜と透明度の高い海に彩られた砂州となっています。自然現象で現れることから、タイミングを合わせて訪れる必要があるので、観光ガイドなどに記載されたスケジュールを参考にするようにしましょう。

もっと読む